2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

765プロP「すまん千早!間違えて全国巨乳愛好会の司会MCを千早に当ててしまった!もう変えられない!頼む!」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 12:16:40.892 ID:HiHbW3k30.net
765プロP「お客さんはあずささんが来ると思ってるけど!ほんとすまん!」

千早「…」

2 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 12:18:31.550 ID:mG6faMFs0.net
>>1よ俺を登場させてくれないか?
名前はパイズリで頼む

3 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 12:18:59.286 ID:D75Gj+fd0.net
悪意しかない

4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 12:19:13.398 ID:E+DBjTGWM.net
アイドルだからね

5 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 12:19:37.515 ID:5K03jntsF.net
間違えるはずがない

6 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 12:21:43.310 ID:Be+PoZrVM.net
http://i.imgur.com/wNLmEkG.png

7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 12:23:58.073 ID:RtfCHuGYr.net
http://i.imgur.com/tCodLw7.jpg

8 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 12:32:26.772 ID:PK1SMsgkK.net
P「なんとかうまくごまかしてMCを……おい千早!どこいくんだ千早ー!?」

千早「くっ」タッタッタ

……
………
…………

千早「……つい飛び出してきてしまった」

千早「しかしよりによって巨乳愛好会だなんて……」チラッ

ツルペターン

千早「……くっ」

千早「ハァ……どうしよう」

??「何かお困りですかな?」

9 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 12:33:09.982 ID:HiHbW3k30.net
ん!

10 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 12:35:41.139 ID:mG6faMFs0.net
>>8よ俺を登場させてくれないか?
名前はパイズリで頼む

11 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 12:36:56.101 ID:PK1SMsgkK.net
千早「えっ!?」

??「いや失礼しました。あなたのような美しいお嬢さんが悩んでいたのでつい声をかけてしまいました」

千早「美しいだなんて……そんな」

??「申し遅れました、ワタクシこういう者でございます」サッ

千早「『ココロのスキマお埋めします』喪黒福造……?」

喪黒「はい。人はワタクシのことを「笑ゥせぇるすまん」とお呼びいただきますが」オーッホッホッホ

12 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 12:38:58.729 ID:mG6faMFs0.net
>>11よ俺を登場させてくれないか?
名前はパイズリオナニーで頼む

13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 12:41:40.552 ID:PK1SMsgkK.net
千早「は、はあ……」

喪黒「ワタクシの扱う商品はモノではありません。お客様のココロのスキマをお埋めするお手伝いをさせていただいてます」

喪黒「もちろんお代は一切いただきません。お客様に喜んでいただければ何よりなのでございますよ」オーッホッホッホ

P「千早!こんな所にいたのか、探したぞ……ん、そちらの方は?」

千早「プロデューサー……」

喪黒「まァ立ち話も何ですな、ワタクシいい店を知ってますのでお話はそこで」グイグイ

P「あ、ちょ、えっ?誰なんですかアナタ」ズルズル

14 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 12:44:27.639 ID:HiHbW3k30.net
はい

15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 12:47:03.857 ID:PK1SMsgkK.net
BAR『魔ノ巣』

マスター「………………………」

P「なるほど、セールスマンの方でしたか」

喪黒「ワタクシも驚きました。お美しいお嬢さんだとは思いましたが、まさかアイドルだとは」

千早「……まあ、一応ですけれど」

喪黒「ワタクシいろいろ扱っておりますので、きっとお力になれると思いますよ」

P「うーん……とは言ってもなあ」

P「その、スタイルが良くなる薬なんかありませんかね?」

喪黒「スタイルですか?いやしかし、千早さんはだいぶ整ったスタイルをされておるようですが」

P「あー…いえ、そうでなくて……その、胸を……ですね」

千早「くっ」

16 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 12:51:32.172 ID:PK1SMsgkK.net
喪黒「ハハァ成る程。確かに千早さんは同じ年代層の方と比べると……いえ失礼」

千早「くっ」

喪黒「いえしかし、無くもないですよ」

P千早「「あるんですか!?」」

喪黒「もちろん。優秀なせぇるすまんたるものウソは申しません」

喪黒「明日までにはご用意させていただきますよ。では、ワタクシはこれで」オーッホッホッホ

17 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 12:54:50.169 ID:PK1SMsgkK.net
P「まさか本当にあるとはなあ」

千早「……マスター、あの人はどんな人なんですか?普通のセールスマンじゃないような感じがしましたけど」

マスター「………………………」スッ

P千早「?」チラッ

[見猿][言わ猿][聞か猿]

P千早「……………」

18 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 13:03:16.348 ID:PK1SMsgkK.net
−翌日・765プロ応接室−

喪黒「昨日はどうもプロデューサーさん」

P「いえいえこちらこそ。それで、例のものは……」

喪黒「はい、こちらに」ジャン!

千早「これが……」

P「巨乳になる薬……!」

P「お、おいくらでしょうか」

喪黒「いいえ、お代は結構。皆様の喜びがワタクシの報酬でございます」

喪黒「ただし、これを差し上げるにあたって絶対に守っていただくことがあります」

千早「絶対に守ること?」

喪黒「はい。それは、この薬の用法用量を厳守していただきたいのです」

P「な、なんだそんなことか。脅かさないでくださいよ」

19 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 13:09:15.360 ID:PK1SMsgkK.net
喪黒「千早さん、プロデューサーさん。ワタクシはあなた方を信用に足る人物だと信じているからこそこの薬を入手してきました」

喪黒「用法用量を守らないというのは、すなわちワタクシの信頼を裏切ったも同じことなのです」

喪黒「いいですね!決して用法用量を破ってはいけませんよ!破った時は……」

P千早「その時は……?」

喪黒「ド ー ー ー ー ー ー ン!!!」

P千早「ウ ワ ー ー ー ー ー ー!!!」

20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 13:12:07.630 ID:PK1SMsgkK.net
……
………
…………

ハッ

P「あれっ、喪黒さんは!?」

小鳥「ピヨ?お客様なら先ほど帰られたじゃないですか」

P「あれ?あ、そうだっけ……千早、千早!」

千早「はっ」

P「何はともあれ、目的のモノは入手したんだし早速試してみようじゃないか」

千早「そ、そうですね」

21 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 13:19:01.129 ID:PK1SMsgkK.net
P「え〜と何々……」

1.15歳以下の者は服用しないこと。
2.一回一錠(厳守)
3.服用後、次の服用まで24時間以上間をあけること。
4.一人に対し十錠まで。十一錠以上服用しないこと

P「……だそうだ」

千早「なるほど……しかしこの表記、本当なのでしょうか」

P「『一錠でバストが+1cm!』か?いやぁいくら何でも大げさだろう」

千早「ですよね……」

22 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 13:24:02.330 ID:794ZLqVgM.net
10錠使用した千早←82cm
デフォ春香←83cm

23 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 13:27:38.407 ID:PK1SMsgkK.net
千早「それじゃ早速……」ゴクリ

P「ど、どうだ?」

千早「……特に何も」

P「そうだな、効果が出るまで時間がかかるかもしれないな。どのみち24時間はあけなきゃならんし、今日は様子を見よう」

千早「はい」

24 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 13:33:31.295 ID:PK1SMsgkK.net
−翌日−

千早「プロデューサー!」バァン

P「ど、どうした千早血相変えて」

千早「ふ、ふ、ふ、」

P「何だ、いきなり笑い出して」

千早「増えてたんです!1cm!」

P「なにぃー!?間違いないのか!?」

千早「間違いありません!何度も測りましたから」

25 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 13:42:00.805 ID:PK1SMsgkK.net
P「とするとこの薬……」

千早「間違いありません、本物です」

P「よし、これで希望が見えてきた!巨乳愛好会のイベントまで半月あるし充分間に合う!」

P「千早、二人で力を合わせて乗り切るぞ!」

千早「はい!」

26 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 13:49:43.829 ID:PK1SMsgkK.net
そして巨乳愛好会当日……

巨乳愛好家「ぐふふふ、今日は待ちに待った巨乳愛好会!」

巨乳愛好家「しかも司会はあの三浦あずさ!こりゃたまらんですなぁぐふふふふ」

巨乳愛好家「お、始まりますぞ!」

パッ

千早「みなさんこんにちわ、本日のMCを勤めさせて如月千早です」

巨乳愛好家「ハァーーー!?」

27 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 14:05:25.524 ID:PK1SMsgkK.net
巨乳愛好家「ふざけるな!我々はあずささんに会えるのを楽しみにして来たんですぞ!?」

千早「ごめんなさい、実はこちらのミスであずささんは来れないんです」

巨乳愛好家「それで代わりに来たのがよりによって765プロ1の貧乳如月千早ぁ!?せめて四条貴音か星井美希を寄越すのが筋だろうに」

千早「本当にごめんなさい!」ペコリ

ドタプーン

巨乳愛好家「……え?」

28 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 14:19:20.347 ID:PK1SMsgkK.net
千早「謝ってすむ問題ではないとは思いますが、一生懸命やりますので……どうか、お願いします」ユサァ

巨乳愛好家(そんな、この子本当にあの如月千早か?あの巨乳、ひょっとしたらあずささんより……いやバカな)

巨乳愛好家「ま、まあ、我々は心が広いから許すけどね!?」

巨乳愛好家「あのあずささんと同じ事務所のアイドルを無碍に扱えないしね」ウンウン

巨乳愛好家「頑張れ千早ちゃーーん!」

千早「ありがとうございます!それでは早速巨乳愛好会、始めさせてもらいます。まずは……」


P(うんうん、万事うまくいってるな)

P(それにしても、まさかあそこまで成長するとは)

29 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 14:27:14.787 ID:PK1SMsgkK.net
−回想−

巨乳愛好会まであと5日

P「今日で薬を服用しはじめて十日か……」

P「バストは順調に増えていってる。現に今千早はバスト82cmだ」

P「しかし……しかし、決して巨乳とは言えない。千早は元々細いから相対的に大きく見えるが、巨乳と言うには……」

喪黒「こんにちわ」ヌッ

P「うわっ!」

喪黒「薬を渡して今日で十日……薬の上限いっぱいの期日ですので、回収に参りました」

P「あ、ああ…はい、薬なら事務所に」

喪黒「では参りましょうか」

P「あ、あの」

30 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 14:32:02.954 ID:PK1SMsgkK.net
喪黒「ハイ?」

P「あの薬、回収はもうちょっと待っていただくわけには……」エヘヘ

喪黒「……プロデューサーさん、あなたまさか」

P「あ、いえ違うんですよ。あ、いや違わないかな…その、もうちょっとくらいなら大丈夫じゃないかなーって」ゴニョゴニョ

喪黒「プロデューサーさん」ズイ

P「はいっ!」ビクッ

喪黒「約束は約束です。それに用法用量をきちんと守らないと……どうなっても知りませんよ?」ズイッ

P「ワ、ワカリマシタ……」

31 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 14:35:41.503 ID:PK1SMsgkK.net
−765プロ事務所−

喪黒「では確かにお返しいただきました」ジャラッ

P「あぁぁ……希望が……」

千早「………」

喪黒「では、ワタクシはこれで失礼させていただきます。千早さん、イベントの成功をお祈りしてますよ」オーホッホッホ

P「……仕方ない、あとは俺たちだけで頑張ろう!」

千早「…はい、プロデューサー」

32 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 14:37:01.702 ID:PK1SMsgkK.net
巨乳愛好会まであと4日

千早「この食材は豊胸にいいそうです」ムシャムシャ

P「なるほど」

33 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 14:38:16.905 ID:PK1SMsgkK.net
巨乳愛好会まであと3日

千早「これが最新式バストアップ体操だそうで」グイグイ

P「ほほー」

34 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 14:41:00.964 ID:PK1SMsgkK.net
巨乳愛好会まであと2日

千早「何だかんだ言っても最後に頼るのは牛乳です」グビグビ

P「うむ」

35 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 14:46:41.701 ID:PK1SMsgkK.net
巨乳愛好会まであと1日

P「明日はいよいよ本番か…にしても」

P「千早、胸……明らかに大きくなったよな?」ジィー

千早「……プロデューサー、あまり見ないでください」サッ

P「あ、すまない……いやでも正直な話大きくなってるよな?」

千早「……はい」

P「薬はもう無いのに……」

千早「おそらく、あの薬に影響されて今まで眠ってた成長ホルモンが活性化したからかと」

P「なるほど。……で?今バストいくつなんだ?いややましい気持ちは一切なく」

千早「……90……です」

P「……マジかよ」

36 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 14:54:57.610 ID:PK1SMsgkK.net
−回想終了−

P「いやぁ、喪黒さんはいいものをくれたな。またの機会にぜひお礼をしなきゃな」

ワァァァ……!!!

P「おっ、どうやら終わったようだな」

−−−−−−−

P「お疲れさん」

千早「プロデューサー!私、私……!」

P「ああ、みなまで言うな。大成功なのはここにいてもわかる」

ウォーッ チハヤチャーン サイコーッ

千早「そんな……私なんかが」

P「胸を張れ千早。アイドルとして飛び抜けた歌唱力にそのルックス、お前はもはや完全無欠の女王になったんだ!」

千早「私が……女王……!?」

37 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 15:05:25.754 ID:PK1SMsgkK.net
−数日後−

千早「お疲れ様です」ガチャ

あずさ「お疲れ様、千早ちゃん」

千早「あずささん。今日はまだ出ないんですか」

あずさ「ええ、次のグラビア撮影の水着選びをちょっとね」

千早「へえ、どんな水着なんですか?」

あずさ「こういうのなんだけど……」

千早「うーん、どれもいまいちですね」

あずさ「胸が大きいから、サイズ的に限定されちゃうのよね〜」

千早「わかります。もっと大きいサイズを充実させてもらいたいですよね」


春香「千早ちゃんが遠くへ行っちゃった……」ガクゥ

律子「いまバスト92cmだっけ。あずささんを押さえて765プロトップだからねぇ」

亜美「むむむむむ、あんなん千早お姉cぽくない!断固認めない!」

真美「でも、ひょっとしたら真美達もいずれは……」

亜美「それだ!千早お姉cが92だから、亜美達は将来100cm超えだ!」

律子「はいはい、バカなこと言ってないでレッスン行くわよ」

38 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 15:07:53.697 ID:HEj0egsid.net
支援
完結させてくれ

39 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 15:14:49.057 ID:PK1SMsgkK.net
P(それからも千早の怒涛の快進撃は続いた)

P(今のランクに千早以上の歌唱力とスタイルを持つアイドルはいないので当然の話ではあるが)

P(今のランクで頂点確実、むしろまだまだ上を狙えるであろう)

P(…よし)

P「千早!次のオーディションが決まったぞ」

千早「……!!これ、テレビ局が社運をかけた十年に一度の大特番じゃないですか!わ、私なんかが出ていいんですか!?」

P「無論だ!今の千早ならイケる!俺の勘がティンと来たんだ」

千早「……わ、わかりました。精一杯やらせてもらいます」

P「よし、その意気だ!」

40 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 15:20:19.323 ID:PK1SMsgkK.net
−オーディション当日−

P「俺は控え室には入れないから、外で待機してるな。頑張れよ」

千早「はい」

ガチャバタン

千早(うう、ああは言ったけど緊張してきた)

千早(大丈夫、自分を信じて……今までだってうまくやってきたじゃない)

千早(それにしても……やっぱり大特番だけあって、他のアイドルもスゴいオーラ……)

千早(大丈夫。私よりスタイルのいい子はいない、歌唱力は絶対の自信がある……)

スタッフ「オーディションNo.1〜10までの方、舞台へどうぞ」

??「はぁ〜い」ユッサァ

千早「!?」

41 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 15:30:24.708 ID:PK1SMsgkK.net
千早(何……今の)

ガチャバタン

P「あれ、千早の出番はまだじゃ…わっ」

タタタタッ

P「お、おい……行っちゃった。トイレか?」


千早(確かここから舞台が見え……見えた)


雫「エントリーナンバー七番、876プロ所属の及川雫ですー。実家は農場で、牛さんを育ててますー」ドタプププーン

雫「スリーサイズは上から105、64、92の16歳ですー。よろしくお願いします」

千早(同い年で……105!?)ガクッ

千早(そんな……せっかく……せっかく……!)ダッ


P「あ、千早、どこ行って……うわっ」

ガチャバタン

42 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 15:35:53.014 ID:PK1SMsgkK.net
千早(せっかく……せっかく巨乳になれたのに)

千早(嫌……また胸で負けるのは嫌!)ガサゴソ

ジャラッ

千早「こっそり分けておいたあの薬……」

千早「十錠以上飲んでも、1日二錠飲んでも何ともなかった」

千早「残り十錠…勝てないけど、僅差にまで持ち込むことはできる」

千早「なら!なら、歌声で勝ち取ってみせる!」

千早(お願い!奇跡よ、起きて!!)ゴクゴクッ






千早「キャァァーーーー!!」

43 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 15:39:50.535 ID:PK1SMsgkK.net
P「悲鳴!?」

P「千早、どうした千早!入るぞ!」ガチャ

P「うっ……千早……なのか……?」

千早「ブロ゙デュ゙ーザー……」デップリ

P「アメリカの太りすぎて動けない人みたいになってる……」

千早「だずげでぐだざい゙、ブロ゙デュ゙ーザー……」

44 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 15:44:09.991 ID:KucKjw1Ia.net
別の千早を連れておればいいものを

45 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 15:52:25.914 ID:PK1SMsgkK.net
−数日後−

喪黒「新聞一部くださいな」

喪黒「何々、『人気アイドル如月千早突然の芸能活動休止!激太りが原因との噂』…か」

喪黒「回収した薬がやけに少ないなとは思ったけれど、やはり千早さんが隠し持っていたようですな」

喪黒「あの薬は脂肪細胞を肥大化させる薬で、一錠ずつなら何故か胸から作用するから十錠ぐらいなら巨乳になる薬だったのに」

喪黒「まあ、複数同時に服用したりそれ以上服用した場合は体のどこの脂肪が膨らむかわからないから十錠までだったのですが」

喪黒「十錠以上服用しても全て胸に作用するとは……イヤハヤ、げに恐ろしきは女の執念ですなァ」

喪黒「まあ、ただ肥大化しただけなのでダイエットすればまた元通りになりますよ」

喪黒「……最も、まず胸の脂肪から消えていきますがね」

喪黒「千早さんのダイエット成功、お祈りしておりますよ」

オーッホッホッホッホ

オーッホッホッホ

オーッホッホ

オーッホッホ………


おしまい

46 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 16:17:12.085 ID:HEj0egsid.net
ちーちゃんの母乳飲みたい

47 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 16:20:27.950 ID:QOwnPYge0.net
楽しめたわ
おつおつ

48 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/21(木) 16:31:05.361 ID:HEj0egsid.net
あずささんの母乳も飲みたい

総レス数 48
19 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★