2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

SC93高岡さんがフジ韓流ゴリ押し批判したら干されたのでウジテレビ凸

44 :以下、VIPがお送りします:2018/04/08(日) 15:59:15.80 ID:y5LwVvurT
>>43
韓国紙
記事入力 : 2018/04/07 09:07
文在寅政権の米シンクタンク人事介入、本紙が証拠を入手
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/04/07/2018040700434.html
http://www.chosunonline.com/site/data/img_dir/2018/04/07/2018040700404_0.jpg
 韓国の国立シンクタンク・対外経済政策研究院(KIEP)が資金援助を行っている米ジョンズ・ホプキンス大学付設の韓米研究所(USKI)について、KIEPは今年6月以降この資金援助を中断することを決めた。
ところがその決定の過程に韓国大統領府が直接介入していたことがわかった。
 本紙は今月5日(現地時間)、KIEPの金準東(キム・ジュンドン)副院長が昨年10月30日にワシントンに派遣されたKIEPの駐在員に送った電子メールを確保した。
この電子メールの中で金副院長は「USKIとKEI(韓米経済研究所)について、BH(韓国大統領府)の李泰鎬(イ・テホ)通商秘書官と政策室長室のホン・イルピョ(選任)行政官に木曜日(11月2日)午後3時と4時に報告を行う予定」と記載してあった。
続いてこのメールには「BHのホン・イルピョ行政官は現在の状況をとても深刻に受け止めている」「冷静な評価と果敢な代案(改善計画)の提示を求めてきた」などと書かれていた。
韓国大統領府がUSKIに対する資金援助中断問題について直接報告を受け、これに大統領府が「果敢な代案」を求めたということだ。
 大統領府の介入を受け、KIEPは資金援助の中断をちらつかせながら、保守系として知られるUSKIのク・ジェフィ所長の解任をジョンズ・ホプキンス大学に要求した事実が確認された。
 今年1月に来韓したジョンズ・ホプキンス大学のバリー・ナサル国際大学院長に対しても、KIEPは4回にわたりク所長の解任を求めたという。理由はそれまでの研究成果などに問題があるということだった。
これに対してナサル院長は2月「ク博士を正当な理由なしに解任することはできない」「これは学問の自由と研究機関の価値を侵害する行為だ」との回答をKIEPに公式文書として送付していた。
 韓国政府の複数の関係者がUSKIのガルーチ理事長にもク所長解任の圧力をかけていたこともわかった。ガルーチ理事長は本紙とのインタビューで「韓国政府の行動に驚いている。
学問の自律性を侵害しようとする動きには非常に失望している」とした上で「(韓国政府は)特定人物の交代を執拗に求める不適切な介入を行ってきた」と明らかにした。

699 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★