2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

俺がオジサンとSEXした時の話をする

1 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 19:28:16.24 ID:6h4zunU8m
以前

俺が処女を失った時の話をする
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1524047801/l50

こちらのスレを立てた者です。
最近(てか、先週の金曜日)オジサンに会ってSEXしてきました。
人生初体験もあり、かなり楽しかったので投下します。

92 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:12:08.92 ID:6h4zunU8m
しばらく停止した後・・
ぬるん・・・
ペニスを抜いた。
上田「さぁ、種付けタイムだ♪」

93 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:12:30.24 ID:6h4zunU8m
前回同様ゴムに入った精子を自分の手の平に乗せ、
指にしっかり絡めてアナルに突っ込んだ。
上田「妊娠しちゃえよ・・・」
指二本をぐちゅぐちゅ動かす。
俺のアナルの奥へ精子を押し込んでくる。
俺「いや・・・はっ・・・あぁ・・・・」

94 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:12:51.16 ID:6h4zunU8m
しばらく指でアナルを犯し、にゅる・・と抜いた。
俺「気持ち・・・よかった・・」
上田「俺もだよ。高木さんと比べてどうだった?」
俺「上田さんの方が・・良かった・・」
上田「俺のこと・・好き?」
下から上田さんをハグする。
俺「すきぃ・・・」
キスをする。

95 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:13:14.03 ID:6h4zunU8m
ディープキスじゃない。
唇だけの軽いキス。
もうスカートのお尻部分はぐちょぐちょだ。
お尻気持ち悪いし、シャワー浴びようと思い、
ふらふらになりながらベッドを降りる。

96 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:13:36.68 ID:6h4zunU8m
つー・・・
内太ももを何か垂れた。
・・・上田さんの精子だ。
俺「やだ・・精子出てきた・・・」
上田「勿体無い・・w」

97 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:14:00.35 ID:6h4zunU8m
上田さんもベッドから降りて膝立ちになる。
スカートをめくって再びフェラをした。
右手は俺のアナルを犯す。
ぐちゅぐちゅぐちゅ・・・
俺「いや・・!あ・・・・・!」
上田「あぁ・・・たまらない・・・」

98 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:14:22.09 ID:6h4zunU8m
再びベッドに俺を押し倒した。
俺「上田・・さん?」
上田「もう一回・・愛し合おう・・」
ゴムの準備を始めた。
マジですか。
ほぼ休憩無しの二回戦w

99 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:14:48.04 ID:6h4zunU8m
俺「まだ・・できるの・・?」
上田「ケンジくんがかわいすぎるから・・」
にゅる・・・
ペニスが入ってくる。

100 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:15:10.53 ID:6h4zunU8m
俺「んあ・・!・・は・・!」
ローションも乾いてないし、上田さんの精子でヌルヌルになった
俺のアナルは簡単に上田さんを受け入れた。

101 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:15:33.48 ID:6h4zunU8m
ピストンが始まる。
だが、さっきと違ってゆっくりだ。
キスをする。
ゆっくり・・ゆっくり・・とヌプヌプ動いた。

102 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:15:54.16 ID:6h4zunU8m
上田「俺のこと・・好きって言って・・」
俺「すきぃ・・・すきぃ・・・上田さんの・・精子が・・もっと欲しい・・」
上田「また種付けする?」
俺「違うの・・・お口に頂戴・・・・」
上田「わかった・・・」

103 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:16:17.77 ID:6h4zunU8m
ピストンがまた早くなってくる。
多分10分くらい正常位でSEXを続けた。
上田「さぁ・・・出るよ・・・」
ぬるんっとペニスを抜くとゴムを外した。

104 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:16:38.88 ID:6h4zunU8m
そのまま俺の口に突っ込む。
ガンガン動かしてくる。
俺「んー!ん!・・・ん!」
上田「・・・出る!」
どぷ・・・・

105 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:17:03.55 ID:6h4zunU8m
口の中に精子の香りが充満する。
俺はこぼれない様にゆっくりとペニスから離れる。
口に精子を入れたまま、ゆっくりとベッドに座った。

106 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:17:25.57 ID:6h4zunU8m
上田「口・・開けて・・」
ゆっくり口を開く。
上田「すごい・・・口の中、精子でいっぱいだよ・・・」

107 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:17:50.19 ID:6h4zunU8m
口を閉じる。
・・・ごくん。
上田「マジで?飲んだの?」
俺「・・・うん。美味しかったよ♪」
口を開いて飲んだのを確認させた。

108 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:18:11.87 ID:6h4zunU8m
俺「すごいねぇ。二回続けてなんて・・」
上田「俺もビックリだよ。風俗でもしたことないよ。」
んふふー
笑いながら上田さんにハグをする。
俺「最高だった。・・・・ありがと♪」

109 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:18:32.69 ID:6h4zunU8m
上田「まだケンジくん出してないよね。どうする?」
俺「じゃぁさ・・観ててくれない?」
上田さんを椅子に座らせる。
正面に立つ。

110 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:18:54.82 ID:6h4zunU8m
ゆっくりとスカートをめくる。
ギンギンの俺のペニスが顔を出す。
右手でスカートを押えながら、左手でゆっくりとピストンさせる。

111 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:19:16.78 ID:6h4zunU8m
俺「あ・・・あ・・気持ちいい・・もっと・・・ペニス・・観て・・」
上田さんは右手の伸ばすとアナルに指を入れてきた。
上田「手伝ってあげるよ・・」
指二本をぐちゅぐちゅ動かす。

112 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:19:38.99 ID:6h4zunU8m
自然と俺の左手もスピードが速くなってくる。
俺「気持ち・・いい!・・あぁ・・!・・・もうダメ・・!」
びゅる・・・!
射精した・・・。

113 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:20:04.88 ID:6h4zunU8m
大量の精子が上田さんにかかる。
俺の身体はビクッビクッっとなった。
俺「ごめんね・・・よごれちゃったね・・・」
上田「いいよ♪相当気持ちよかったんだね。すごい量だねぇ」
自分にかかった俺の精子を指ですくい、ペロっと舐めた。
そして、二人でシャワーを浴びに移動した。

114 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:20:25.86 ID:6h4zunU8m
脱衣所で裸になる。
女装から開放された。
上田さんはシャワーをかけてきてくれた。
上田「キレイにしなきゃねー後向いて?」

115 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:20:49.11 ID:6h4zunU8m
俺は後ろを向く。
背中にシャワーをかけながら・・・にゅる・・・
再びアナルに指を入れてきた。
俺「ん・・!・・いや・・・」
上田「ここを一番キレイにしないと♪」
指をピストンさせる。

116 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:21:18.26 ID:6h4zunU8m
俺は壁に両手を付き、お尻を突き出す様な形になった。
ぐちゅぐちゅアナルを犯し続ける。
俺のペニスも再び硬くなってくる。

117 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:21:39.80 ID:6h4zunU8m
上田「この尻が・・興奮させるんだよね・・・」
ピストンがさらに早まる。
俺「あ・・!あ・・・・!上田さん・・ペニス・・欲しいよぅ・・」
無理な願いなのは解っている。
連続2回戦の後なので、さすがにもう無理だろう。

118 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:22:03.20 ID:6h4zunU8m
上田「・・・待ってて?」
上田さんが濡れた身体のまま浴室を出た。
俺は体勢を変えずに、自分の指をアナルに入れてオナニーを始めた。
俺「あ・・あ・・あぁ・・」

119 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:22:24.87 ID:6h4zunU8m
程なく、上田さんが戻ってきた。
手にはゴムとローションを持っている。
俺「・・できるの?」
上田「多分ね♪・・・そのまま待ってて・・」

120 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:22:47.79 ID:6h4zunU8m
ゴムを装着する。
ローションを穴の中に塗る。
上田「・・さぁ・・いくよ・・」
ぬるるるる・・・
ペニスは入ってくる。

121 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:23:12.04 ID:6h4zunU8m
俺「・・・・あぁ!・・凄い・・・上田・・さん」
立ちバックでガンガン付いてくる。
しばらく立ちバックを楽しんだ後、
ぐちゅ・・・・
ペニスを抜いた。

122 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:23:34.82 ID:6h4zunU8m
上田さんは浴室にあるスケベ椅子?みたいなものに座った。
上田「さぁ・・おいで・・」
両手を広げて俺を招く。
俺はゆっくりと正面から上田さんを跨いだ。
右手で上田さんのペニスを掴み、俺の穴の位置に誘導させながら
ゆっくりと座った。

123 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:23:55.34 ID:6h4zunU8m
ぬぷぷ・・
ペニスが入ってくる。
対面座位の形になり、再び上田さんと繋がった。
俺「あ・・・はぁ・・また・・入っちゃった・・」
俺は腕を廻し、上田さんにハグをする。
上田さんがディープキスしながらピストンを始めた。

124 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:24:17.26 ID:6h4zunU8m
ぐちゅ・・ぬちゅ・・・ぐちゅ・・
上田「ケンジくん・・精子の匂いがするよ・・♪」
俺「上田さんが僕のお口犯したから・・でしょ・・?」
その言葉に興奮したのか、ピストンがさらに速まる。

125 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:24:38.66 ID:6h4zunU8m
何度も短時間でアナルを犯され、かなり敏感になっていた。
明らかに今まで以上に気持ちいい。
俺「あ・・!いや・・・!気持ち・・・いい・・!」
上田「あぁ・・・たまらない・・・俺も気持ちいいよ・・」

126 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:25:00.22 ID:6h4zunU8m
上田さんの胸辺りには俺の大量の精子がかかったままだ。
ピストンするたびにお互いの胸で精子がヌルヌルした。
口の中は精子の匂い・・
胸辺りからも精子の匂い・・
くらくらする・・・

127 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:25:26.33 ID:6h4zunU8m
上田「さぁ、立って・・」
俺はフラフラになりながら立ち上がり、壁にもたれかかる様にしてお尻を
突き出した。
再び立ちバックだ。
ペニスが入ってくる。
ピストンが始まる。

128 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:25:50.02 ID:6h4zunU8m
俺「あ・・あ・・もう・・無理・・」
立ってられない。
両足が本当にガクガクする。
上田「もう・・ちょっと・・だから・・」
ピストンが速まる。
パンパン打ち付ける音が浴室を包む。

129 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:26:14.96 ID:6h4zunU8m
上田「・・・・イク・・!」
ペニスを奥まで突っ込み、上田さんは果てた。
俺も背中を仰け反る。
上田さんがペニスを抜いた。

130 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:26:37.39 ID:6h4zunU8m
・・・・俺はペタンと座り込む。
俺「ハァ・・ハァ・・」
上田「さすがにもう空っぽだ・・w」
そりゃそうだろう。
この短時間で3回できりゃ十分だわw

131 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:27:02.64 ID:6h4zunU8m
その後、キチンとシャワーを浴びた。
服を着て、椅子に座ってお話をした。

その会話でわかったことは、セーラー服やカツラ関係は夜会う前に
大人の店で購入してきたらしい。
もちろん例のバイブも。

132 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:27:26.95 ID:6h4zunU8m
納得した。
既婚者がこんなグッズを家に置いておけるワケがない。
ちなみに、これらは全てホテルに捨てて帰るとのことだった。
そりゃ持って帰れないわなw

133 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:27:48.13 ID:6h4zunU8m
バイブは欲しかったけど、俺も家に持って帰れなかったので諦めた。
ローションも店で買ったらしいんだけど、アナル用のローションらしい。
乾きにくいんだと。

134 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:28:11.81 ID:6h4zunU8m
俺「楽しかったねぇ。またエッチしようね♪」
上田「もちろん!またメールするよ」

そしてホテルを出て、駅で別れた。

以上 今回もほぼほぼ実話です。
会話も覚えてる範囲で、できるだけ書きました。

135 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:28:35.40 ID:6h4zunU8m
あー、次はどんなSEXになるかなー。
女装SEXは癖になりそうだな・・
上田さんはパパより早漏だけど、回数できるのが強み。
ペニスの形もいいから感じるし。
でもパパから誘われたらまたホイホイ行っちゃうんだろーなー。

136 :以下、VIPがお送りします:2018/05/14(月) 20:28:58.85 ID:6h4zunU8m
刺激的なSEXをしたらまた投下しますが、
これ以上刺激的なのはあんまり無いかも・・

さぁ、君たちもホモSEXにレッツトライだ!

それではまた。

137 :http://i.imgur.com/L10gXqr.png:2018/05/15(火) 02:31:38.82 ID:JZiHnj7yN
http://i.imgur.com/L10gXqr.png
ビキニがポロリのロールちゃん♪

138 :以下、VIPがお送りします:2018/05/15(火) 07:27:02.55 ID:U6vssTE3L
誰か薄い本で漫画にしてくれ

139 :以下、VIPがお送りします:2018/05/16(水) 07:11:39.47 ID:+ufmOzdvM
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01MSYL0LF?ie=UTF8&redirect=true
これか?

140 :以下、VIPがお送りします:2018/05/16(水) 11:21:03.96 ID:+BMr2QFXq
1です。
間違いなくそれですw
買いたいなー

141 :http://i.imgur.com/6cR7Qax.png:2018/05/16(水) 11:59:14.86 ID:Rjf9j4/Le
http://i.imgur.com/go7uHO2.png

31 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★