2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

人間の脳みそって神経細胞の相互通信によって意識を形成してるわけじゃん

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/10(金) 23:33:14.230 ID:6IUK/i3r0.net
って事は人間社会もなんらかの意識を形成してるけどそれと意思疎通する方法が無いじゃん
悲しいな

21 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:07:38.215 ID:Fd8z+8+K0.net
>>19
おまえが認知できないだけで石に意識があるかはわかるまい?

辛辣なことを言っているようだがおまえは「惜しい」から苦言を呈している

22 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:07:56.363 ID:L+XncQLd0.net
>>20
唯物論的だけどそれが正しいと思うぞ
ただそうなると自由意志もこのように認識してる俺たちも物理法則に内包される存在になっちゃう
かなしい

23 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:10:51.359 ID:L+XncQLd0.net
>>21
それは分かってるが科学的な方法じゃ無いだろ?
干渉も認識も出来ないものがある根拠はない
そもそもそんなものがあったとして
ただの生物である俺たちがどうやってそんなものをいつの間に形成してるんだよ
巨大意識そのものをDNAって考えるのなら筋は通ってる気がしないことは無いけど

24 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:12:23.669 ID:rmyevk5Td.net
そうだと思う
自由に意思決定しているようで決定させられてるんだろなあ

25 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:13:00.288 ID:Hvaevj8u0.net
人間から見た景色が宇宙の真理ですって言ってる
天動説のような傲慢さだ

26 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:14:50.033 ID:Bz9iw8yf0.net
指針を決定付けてるのは常識や秩序を生み出し管理している優秀な上の個体で俺らは働き蟻みたいにその環境を享受して動いてるだけに過ぎない

27 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:15:34.318 ID:Fd8z+8+K0.net
>>23
干渉も認識もできるけど根拠(言語での証明確立)が不可能なだけだ

また人体の例えで申し訳ないが目ん玉で音を聞いたり精子を生産したりはできないだろ?
しかし音は存在するし膣に射精できなくても精子は作られる

28 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:15:35.558 ID:ukx3OdK+0.net
>>24
それは違う
人間の意識は自分のシナプス一つ一つの動きを支配してはいないだろ
人間それぞれは好き勝手に行動してる
その結果が社会の意思になる

29 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:16:58.011 ID:L+XncQLd0.net
>>25
現状妥当な考えでやってればまず間違えることは無いよ
科学的手法でね
>>26
そうだとすれば
優秀な個体の社会は人間で言う脳みそにあたって
下部組織である我々は体細胞でしかないって話もあり得そうだな

30 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:18:15.961 ID:ukx3OdK+0.net
>>23
シナプス・・・別のシナプスから電気信号を受け取って設定された条件に合わせて別のシナプスに電気信号を送る
人間・・・別の人間からお金や物資、情報などを受け取って事情に合わせて別の人間にお金や物資、情報を渡す

シナプスの集合体・・・動物の意識を作っている
人間の集合体・・・???

31 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:21:00.928 ID:Hvaevj8u0.net
人間からしたらそうとも読めるというだけ宇宙の法則が科学に対して内包的であるというだけ
ひとつ時限が上がるだけでまともに近く出来ない時間という限定性から逃れられない不完全な人間には手に余る

32 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:21:44.275 ID:4qdBZhPi0.net
http://diet374.seesaa.net/article/461022433.html

33 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:22:52.850 ID:L+XncQLd0.net
>>27
言ってる事に地に足がついてないのが困るがつまりは我々個人の能力では認識できない大きな意識があって
その根拠を出そうにもその根拠を出す事は能力を超えてるって事か
まるで哲学者だけどその具体的な意識の構築方法や意識への干渉方法がわからん以上納得は出来んなー

でもまあ意識なんて人間のでもよくわかってないけどね

34 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:24:22.213 ID:Bz9iw8yf0.net
>>29
資本主義という体制がそうさせている
個々を尊重し人は産まれながらにして平等だと権利を与えたふりをしているが実際は平等ではなく格差がある
個体によって行動や思想が制限される
シナプスに当たるのは常識や道徳や最低限の教養
それを決めるのは多数派の人間だと思われているが実際は権力を握った人間が力押しで決めてる
よって我々の意思など上にとっては虫と同然なのだ

35 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:24:53.347 ID:cA7eKe/O0.net
小松左京の虚無回廊で出てきた
個体レベルで進化ができ世紀単位で生きてる
宇宙人の故老の一言が心に引っかかってる
地球生命体の個体年齢に関して主人公が質問され
植物の中には何千年生きるものがいるが
それは知的生命体ではないといった返答に
「生命に知的でないものがいるかね?それは形容矛盾ではないのか?」
というやつだ
作者の意図はおそらく生命進化自体が知的行為であり
知性の定義は個体意識による物に縛られないという事なんだと思う
その問題の是非を求めてみたいとは思う

36 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:25:18.736 ID:L+XncQLd0.net
>>30
言ってる話を単純化すればさ
神経のネットワークは人間の意識を形成する
人間のネットワークは??の意識を形成する
って話だよな
??が本当にあるのか?って話で

それとはまた別に
人間のネットワークが形成する巨大意識を人間が認識できるのか?干渉できるのか?どのように形成されてるのか?
って話が別途で進行してる感じかね

37 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:26:54.268 ID:Fd8z+8+K0.net
>>33
言ったはずだ
おまえは「惜しい」
干渉も認識も可能になるかもしれない

全体を観測することは不可能でも脳内で仮想組みしてエミュレートは不可能じゃないだろ?
処理速度が足りなくてカクカクかもだが

38 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:29:16.851 ID:L+XncQLd0.net
>>34
共産主義社会でも原始的な生命体でも分化はあるから体制がそうしてるってのは賛同出来ないけど後はそうだろうなと思うわ
ただ「権力を握った人間」って言われるものが具体的に何人のどのくらい周りから隔離された集団なのかは気になるけど
>>35
コンピューターにも知性がある
みたいな話だな

39 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:32:08.838 ID:L+XncQLd0.net
>>37
社会の構造を100%知ってるやつはいないけど社会全体がどうやって動いてるかは大体の人間が分かる
だから巨大意識の枝葉末節に気を取られずに人間同士の関わり合いを知れば大体の巨大意識が分かる
みたいな話か
俺はもっと即物的なものを考えてたな
例えばエイリアンの振りして人類全体に質問するとかさ

40 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:32:41.348 ID:ukx3OdK+0.net
>>36
多分その??には社会とか国家とかが入るんだろうな

41 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:34:47.658 ID:cA7eKe/O0.net
>>38
主人公自体がAIの発展形で
元の主人公の機械的なコピーである人工実存(AE)と呼ばれるものだったりする

42 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:35:59.306 ID:1flHM2/+0.net
仮に存在していたとしても相互に認識し合う手段がない以上、この議論で結論を得ることはできない
水掛け論でしかないと思うよ

43 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:36:17.783 ID:Fd8z+8+K0.net
>>39
立証できないから「わかる」ヤツにしかわからないというのはこと
とりあえず自分は満足だ
いつか「わかる」かもしれないおまえに会えたからな

最初のレスの「逆」について思いを馳せるといいかもな

ではさらばだ

44 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:36:40.560 ID:YxE2sgSU0.net
>>36
強いて言えば人間のとる行動の多くは自身または人類の生存を助けるものでしょ
人間のネットワークがあるとすれば、生存のために集団を作った社会じゃないの
意識とかそれによるネットワークとか難しく考えすぎてると思うけど、単に食って寝てセックスしたいだけの為に発達しただけだよ、脳って

45 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:37:54.865 ID:ukx3OdK+0.net
>>42
人間の意識の表層的・対外的な部分が自我って考えると
社会や国家の対外的な部分は政府だから認識は可能

46 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:39:50.389 ID:ukx3OdK+0.net
>>44
>単に食って寝てセックスしたいだけの為に発達しただけ

まとめると生存するために発達したってことだな
そして人間社会も存続するために発達してるという意味では同じ

47 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:40:26.744 ID:L+XncQLd0.net
>>40
巨大意識と言うかかなり俗な話になるけど
国家をネットワークの意識とするならば与党は顔で政策は判断になるわけだろうか
冷戦なんかはそれこそ大きくなり過ぎた2つの国家がお互いを探り合ってたわけだし
「ソ連崩壊後のアメリカは孤独に苦しんでる」なんて意見も聞くしね

ただ国家は巨大意識と言うには余りにも質が悪いけど現状そのくらいの意識しか無いってのもあり得そうな話だ
>>41
人間の意識がコピーできるならさ
人間のネットワークのコピーもいつの日か出来たりしてな

48 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:40:41.684 ID:1flHM2/+0.net
>>45
それは意識じゃなくて規範や法則の集積でしかない
言うなれば巨大なコンピューターに過ぎないと俺は考える

人間の活動を意識における電気信号に比喩してるまではわかったけど、
システムの形状が類似している=同様の性質を有しているという結論に達するのはちょっとわからない

49 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:41:49.548 ID:ZgFpqNmA0.net
>>28
人間が神経細胞を支配してるかどうかじゃなくて、神経細胞が集合して人間の意識を支配してるんでしょ

50 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:44:58.136 ID:ZgFpqNmA0.net
生存のために発達したんじゃなくて、エラー的な発達が生存に寄与した
人間社会もたまたまうまくいった変化が存続に寄与してる

51 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:45:29.182 ID:L+XncQLd0.net
>>42
そうそう
だから悲しいよな
俺らには細胞と違って意識があるのによ
>>43
人間の理性より統合的な意識の認識の方が認識できる容量は大きいのかもね
>>44
結局巨大意識があったとしても自己増殖しか考えてないんじゃね?とは俺も思う
ただ意識が人間みたいに自己認識出来るかどうかで大きく違ってくるんじゃね?

想像してたような巨大意識ってのは現状無さそうだけど
法律と国境で形作られた国家こそ人間のネットワークから形成される意識ってのはなかなかあり得そうだな
自由への逃避もより大きな意識になる事への願望かもしれないなって

52 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:46:49.435 ID:cA7eKe/O0.net
>>44
食って寝てセックスするだけというのがまさに生命の本質であり
単細胞生物から大量絶滅を何度も繰り返しながら
その絶滅を避けようとしてきた働きそのものでもあるわけだが
その働きが単なる物理法則ではなく
生命の根底に絶滅を避けたいという欲求と意思があり
知性や意思の本質は脳という一機関が生み出す生理反応に限定されるものではなく
生命存在の根本をなすのではなかろうか

なんて考えたかったりもする

53 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:50:14.457 ID:L+XncQLd0.net
>>48
人間が規範や法則で動いていないなら国家ってのは規範や法則で動いてるわけじゃ無いだろう
脳細胞同士の連鎖的な反応の総体が意識を形成していると考えるならば
人間同士の連鎖的な反応の総体が意識を形成してると考えられないわけじゃない
ただそりゃ人間の方が強固に結合してないから意識は低レベルなものにならざるを得ないだろうけど

54 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:50:41.892 ID:Bz9iw8yf0.net
>>38
隔離された集団ではなく権力を握った人間というのは個々のコミュニティに存在している
蜂社会の女王蜂のようなものだ
その女王蜂が個々の在り方を決め押し付け生き方を制限する
反抗しようものなら爪弾きに合う
自由への逃避ができないよう統率を取り足を引っ張り合う構造を産み出す
意思などあって無いようなもの
女王蜂を追い出しても誰かが取って代わる
それが本能として人間にも備わっている
ある意味その本能こそ相互通信の役割を果たしいているのかもしれない

55 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:52:15.926 ID:L+XncQLd0.net
>>49
神経細胞の統合的な物が脳なんだからどっちが支配してるって具体的なものは無いんじゃね?
国家は国民を支配しつつ国民は国家を支配しているのと同じさ
>>52
進化論的に考えれば
絶滅を避けた生命だけが残った
って点で真逆だけどな

56 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:54:36.988 ID:1flHM2/+0.net
>>53
低レベルな意識は意識と呼べるのか?
自我を持たない取捨選択しか能のない意識なんてただのAIだろ
だったら前例と細胞レベルの思考能力を備えた社会には意識があるよ
ここばっかりは考えの相違かな

57 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:57:09.322 ID:L+XncQLd0.net
>>54
乱暴に言えばどこの共同体も独裁制でしかないしその制度はDNAに組み込まれてるって事か
賛同できないけど面白いと思うよありがとう

58 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 00:59:52.054 ID:ZgFpqNmA0.net
>>52
これはラマーク派の考え
ダーウィンが否定した

59 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 01:00:07.740 ID:cA7eKe/O0.net
>>55
進化という名の変化がなぜ起きてるのかは解明されてなくね
突然変異だとしてもなぜそんな変異なんかが発生できるのか

60 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 01:02:57.719 ID:ZgFpqNmA0.net
>>59
理論値とかと同じでしょ
いつでもDNAのコーディングに理想な環境であるとは限らない、だからどこかで必ずミスが起きる

61 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 01:04:10.485 ID:L+XncQLd0.net
>>56
俺は呼べると思う
例え砂粒が3個しか無くても砂漠とは呼べる、みたいな話だと思うけどね
ここらへんは意識の呼称の問題だと思うからだいたい意見は合ったと思う
>>59
DNAってのはあくまで水素結合した原子でしかないから放射線や化学物質でその組み合わせが変わることもある
って話だったと思う
あとは累積淘汰とか地理分化で様々な種が出来ていったと

まあ人間や生命を特別だと思いたいのはよくわかる

62 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 01:04:20.635 ID:HSU/5kxp0.net
>>59
生物は子孫を残す際にあらゆる環境の適者生存に対応できるようにわざとエラーを起こすんだよ

63 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 01:06:31.013 ID:L+XncQLd0.net
>>62
実際は本の書き写しミスみたいなもんだろうけどな
45億年だっけ?経ったら人間になったと

64 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 01:07:16.010 ID:ZgFpqNmA0.net
>>62
わざとではないと思う
エラーを適度に起こす仕組みが遺伝的多様性を生み出して生存に有利になったんでしょ
その仕組みがDNAだった

65 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 01:11:20.386 ID:L+XncQLd0.net
>>64
だが中立説の事も考えたらそうとも言えない気もする

単純に核酸を元にした自己増殖システムが(もしくは自己増殖システムは根本的に)
増殖の際バグる事があるだけでは?ってな

じゃあ俺はそろそろ寝る
面白かったわお休み

66 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 01:11:38.732 ID:ZgFpqNmA0.net
より完璧に遺伝情報を書き写したいなら、近親相姦を繰り返せばいい
生存に圧倒的に不利になるけど

ミスが必ずしも悪ではない

67 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 01:14:13.385 ID:HSU/5kxp0.net
>>64その仕組みがわざと作られてる

現社会では一見無駄なサイコパスや障害者などの社会不適合者らを排除し続けると社会も硬直して袋小路に入る

68 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 01:15:20.783 ID:L+XncQLd0.net
>>66
と言うよりは有性生殖をしなければ良い…ってそうか有性生殖はより多様性を保持出来るシステムなのか

あと転載禁止でよろしく次こそ寝る

69 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 01:20:13.683 ID:ZgFpqNmA0.net
>>67
いやわざとってのはやっぱりおかしい
進化に意思はないよ、単に論理的なプロセス

サイコパスや障害者は遺伝的多様性≒生存に有利の観点から作為的に排除するのがデメリットなのは同意

70 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/08/11(土) 01:25:19.115 ID:HSU/5kxp0.net
>>69
なるほどDNAコピーの揺らぎ自体が適者生存の産物ということなら凄く腑に落ちる

総レス数 70
26 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★